∞サイレンススズカ 夢の続き∞

  • 2018.12.24 Monday
  • 17:34

ブログ開設以来、毎週複勝予想の記事を中心に載せさせていただいてましたが、有馬も終わりひと段落したので、少し雑談を交えつつ、お届けしていきます^^;

 

今回は僕の大好きだった馬

サイレンススズカ


サイレンススズカといえば、中距離、大逃げ、武豊、栗毛、沈黙の日曜日ラストラン天皇賞秋‥
底知れぬスピードを武器に、制御不能で“暴走”していた3歳時代。3歳冬に香港遠征で天才武豊と出会い、精密機械のようなラップでそのスピードを生かした大逃げを完成させ、連戦連勝、永遠に語り継がれる伝説の金鯱賞、毎日王冠を経て、悲劇の天皇賞秋、、となります。

左回りの中距離で特に圧倒的な強さを発揮し、あの金鯱賞、毎日王冠では、例えディープインパクトやアーモンドアイでも勝つことが難しかったのではないか、そう思っています。
こういう比較は、人それぞれ賛否両論で意見が分かれるところですし、あくまで僕の個人的な意見です。
たかがG1は宝塚記念しか勝ってない馬でしょ?しかも僅差で。3歳の時負けまくってた馬でしょ?最後の天皇賞も、故障してなかったとしても最後はバテたんじゃないの?
こんな意見がたくさんあるのは僕も存じております。
それでも、左回りの中距離限定ではありますが、日本競馬史上最強馬は、このサイレンススズカであったと、確信してます^ ^
あの充実期を迎えた4歳秋、坂路で楽々と49秒台を叩き出していた時の、はち切れんばかりの黄金の馬体、背中にスズカの勝負服を来た武豊、あの姿は一生僕の脳裏に焼き付いています。

さて昔話はこれぐらいにして^^;

あの天皇賞で終わってしまった、夢の続きを、僕は今もなお待ち望んでいます^ ^
サイレンススズカは死んでしまったので、その子供はいないわけですが、サイレンススズカを生んだ偉大な名牝・母ワキアの血は、現在細々と残っています^ ^

だいぶ血統表でも名前が下の方に行き始めてはいますが、いつかワキアの名前が血統表にある馬が、サイレンススズカを彷彿とさせる走りをして、夢の続きを見せてくれたらいいなと、今も諦めずに応援しています^ ^

現代に残るワキアの血筋はというと、、

※ワキア×サンデーサイレンス
=サイレンススズカ

・ワキア×ダンスオブライフ
=牝ワキアオブスズカ(サイレンススズカの姉)

↑ワキアオブスズカ^ ^

・ワキア×コマンダーインチーフ
=牡ラスカルスズカ(サイレンススズカの弟)

↑ラスカルスズカ^ ^

この2頭からのワキアの血が生き残っています^ ^

ワキアオブスズカ×サンデーサイレンス
=繁殖スズカグレイス
繁殖スズカクエーサー(父ジャングルポケット)
→→繁殖?ペイシャオブワキア(父フリオーソ)
→→ヴェネレ(父レッドスパーダ)現役
→→スズカクエーサーの18(父フリオーソ)
繁殖スズカグリーン(父ハービンジャー)
→→アグードイメル(父トーセンジョーダン)明け2歳
→→スズカグリーンの18(父モンテロッソ)
スリーケープワキア(父ケープブランコ)2歳新馬
スズカヘネシー(父ヘニーヒューズ)明け2歳
スズカグレイスの18(父マクフィ)

ワキアオブスズカ×キングカメハメハ
=繁殖スズカワキア
ヴァンテラス牝 笠松 現役
スズカワッペン(父ワールドエース)明け2歳

スズカワキアの18(父ワールドエース)




ラスカルスズカ×サワヤカスズカ
=繁殖サワヤカラスカル
(ラスカルの生き残りはこの馬だけ?)
スズカクローカス(父スズカフェニックス)
サワヤカラスカルの18(父スズカコーズウェイ)


これが生き残るワキアの血^ ^
んにしても走らん^^;笑
まぁどう見ても種馬の質の問題のような気もしますが、こんな中からも、サイレンススズカの夢の続きを見させてくれるような子が誕生してくれることを楽しみに待っています^ ^

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

パックスナチュロン ハンドクリーム 70g
パックスナチュロン ハンドクリーム 70g (JUGEMレビュー »)

乾燥 ひび割れ ベタつきゼロ!
最高のハンドクリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM